診療内容・診察時間

ホーム > 東洋医学について > 五臓六腑健康マップ

五臓六腑健康マップ

五臓六腑を知ってるかい?

お酒の好きな方なら『五臓六腑にしみわたる。』という、お酒が内臓全体にしみわたってゆく感覚はよくお解りになることでしょう。ところで五臓六腑がどこの内臓を指しているのかご存知ですか。五臓とは肝、心、脾、肺、腎のことで、六腑とは胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦をいいます。

東洋医学は、二千年以上前に中国で確立された医学を取捨選択しながら現代にまで伝え、実践している伝承医学であり、現代医学とはかなり異なる人体に対する生理、解剖の考え方を持っています。臓腑に対する考えもその一つで、実際の臓器の働きをこえた独特の医学理論を持ち、その医学観のなかで人体をとらえていくことで、従来の医学では見えにくかった人間像を知ることができるのです。

難しいとか古臭いとか思わないで、もう一人の自分を発見する医学として五臓六腑を勉強してみましょう。

五行とは

東洋医学には自然界にある森羅万象の働きを、木、火、土、金、水という自然界を構成している、生活に欠かせない五種類の重要な物質に分類する、『五行』という考え方があります。人間の臓腑も五行で分類して考え、それぞれの働きに対して各臓器を代表させています。しかし六腑だけは五プラスαで三焦という腑の存在を考えています。三焦が何かは『六腑』で説明します。

自然界 五行 人体
殻類 畜獣 音階 時間 匂い 味覚 色彩 変化 気候 方角 季節 五臓 六腑 官竅 形体 情志 五声 変動
平旦 そう
日中 小腸
日西 湿 長夏 えつ
日入 西 大腸 皮毛
夜半 膀胱

五臓六腑はお互いに助け合ったり、牽制しあったりして臓器の機能を調整し、人体の生命活動を円滑に行っているのです。

五臓

(1)肝

  1. 五行の木に属する。肝は精神活動をつかさどり、剛強で気持ちよくのびやかである事を好みます。この機能が低下すると、ボンヤリしたり無気力で落ち込みやすくなり、亢進するとすぐ興奮したり、怒りっぽくなります。
  2. 余分な血液を貯蔵し、同時に血液の全身への分布を調整する働きがあります。この機能に異常が生じると、全身の血液に関係する生理活動ができず、出血、不整脈、めまい等が起こり、瘀血といわれる病的な血の鬱滞や女性の異常月経等が起こりやすくなります。
  3. 筋肉及びその運動を調整し、肝が障害されると、筋肉や関節に関連するところに異常が生じ、痙攣が起こったり、関節痛が起こりやすくなります。また肝の異常では上腹部の緊張が特徴的に起こります。肝の症状は爪に現れやすいといわれます。
  4. 目は肝と関係し、充血やかすみ目などは肝の治療で改善することが多いと考えられています。

(2)心

  1. 五行の火に属する。聡明さ、英知等の高次の精神活動をつかさどり、すべての生命活動の中心となります。心に異常が生じると不安や恐怖感が強くなり、夢多く不眠がちとなります。
  2. 心臓の拍動作用や脈管内を血液が循行し、体のすみずみにまでエネルギーや栄養がゆきわたる作用を制御します。その機能が低下すると、四肢が冷えたり顔色不良となり脈の不整が現れます。
  3. 舌に異常が現れ易く、舌尖が赤くなったり、舌全体の色が悪くなったり、言葉がもつれたりします。また顔色には心の病変が出易く、機能が低下すると青白く生気がなくなります。

(3)脾

  1. 五行の土に属する。飲食物を消化吸収し、その内の精徴(栄養)物質を心や肺の働きに助けられて全身に供給します。また消化管内の水分の代謝も調節するため、異常が生じると、消化吸収障害だけでなく、体に水分が溜まり、浮腫や痰飲等の原因となります。
  2. 血液が血管からもれて出血しない様に統御します。脾に異常があると慢性出血や慢性貧血が現れやすくなります。
  3. 飲食物の精気を全身に輸送し、それにより筋肉や皮膚(肌肉)に力を与えます。またその異常は口唇に現れやすいといわれます。
  4. 脾は後天の本と言われ、人が成長発育していくには脾が正常に機能し消化吸収作用が潤滑に行われる事が大切です。脾の機能がしっかりしていれば、体は自ずとできてくるのです。そしてよい気が作り出されてゆきます。

(4)肺

  1. 五行の金に属する。肺は気をつかさどると言われ、呼吸によって天の気(清気)を吸収し、濁気を排泄します。入ってきた清気は脾からのエネルギー(精気)と合わさって気を増強し、心の働きを助けて、全身に血と気を輸送します。そして肺からの気は全身に巡ってから腎に納められます。
  2. 肺は水分代謝を調節し、余分な水は汗や尿として排泄させるように働きます。
  3. 肺からの気は皮膚を包み込む様に巡り、皮膚を保護して、暑さ、寒さに対し温度調節を行ったり、外邪の侵入を阻止する等の免疫力をつよめます。
  4. 空気を吸込む鼻に肺の異常は現れやすく、鼻づまりや嗅覚障害等は肺が原因で生じやすく、また髪にも異常がでやすいといわれます。

(5)腎

  1. 五行の水に属する。人体の生命活動に必要な精気を貯蔵し、各臓器の要求に従って随時供給し、全身に精力を与えて、粘り強さや、根気を生み出します。
  2. 腎は先天の本といわれ、生まれ持っての生命力の強さは腎に由来します。そして成長、発育を調整し、体や骨を整え、生理、生殖機能も統御します。これらのエネギーを『命門の火』といいます。
  3. 肺から吸入された気は全身を巡ってから腎に納められます。
  4. 腎は骨の成長発育と密に関係している。また骨の一部である歯や歯肉とも関係しています。また脳の機能とも関係し、腎が障害されると、痴呆やめまい等を引起こすことになります。
  5. 腎の異常は耳に現れやすく、難聴、耳鳴り等の原因となります。
  6. 腎は二陰(前陰:外生殖器・後陰:肛門)に関係し、生殖や便、尿の排泄をつかさどります。これらを通して水の輸送、排泄、貯蔵、供給等をして、水液代謝のバランスをとっています。

六腑

(1)胆

  1. 胆汁を貯蔵、排泄します。
  2. 『胆がすわる』等の表現に見られる様に、決断力、行動力をつかさどります。
  3. 肝と関係が深く、共に助け合って働きます。

(2)小腸

  1. 胃で消化された飲食物を受け、栄養分を脾に、残渣のうち水分を膀胱に、固形物を大腸にそれぞれ送って体外に排泄します。
  2. 心と関係が深く、心に熱があれば影響を受け、腹部や膀胱障害が現れます。

(3)胃

  1. 胃は消化管の中でも最も容積が大きく、沢山の飲食物を受入れグジャグジャに消化して下に降ろす働きがあります。
  2. 脾と関係が深く、相互に依存しながら共同でそれぞれの機能を完成させます。それゆえどちらかに支障が生じると、必ず影響を受け合います。

(4)大腸

  1. 小腸から食物残渣を受け、体外に排泄します。
  2. 肺と関係が深く、肺の異常で便通障害が生じることがあります。

(5)膀胱

  1. 小腸から送られてきた余分な水分を貯め、腎気の力で体外に排泄します。
  2. 腎と関係が深く、腎気の力で尿として排泄するため、腎が虚すれば、頻尿や尿閉が生じます。

(6)三焦

  1. 解剖学的に実際にある臓腑ではありません。身体の水分や気血を体のすみずみにまで送り、不用な物質を尿や便として排出させるという総合的な水路のような働きをする腑として考えられています。
  2. 体を上から三つに分け、舌から胃の入口までが上焦、そこから臍部くらいまでが中焦、そして陰部までを下焦とし、総して三焦とするという考え方もあります。

臓腑健康チェック

いままでの理論をもとに、あなたの五臓六腑の健康状態をチェックしてみましょう。"はい"の多いところがあなたのウイークポイントです。その養生法については『五臓六腑の養生法』で見ていきます。

(1)肝と胆

  1. 頭がボンヤリとして、足腰がだるい。
  2. 四肢が痙攣しやすい。
  3. いらいらして、怒りっぽい。
  4. 左右の上腹部が張る。
  5. 頭痛や顔のほてり、めまい等がある。

(2)心

  1. 息切れがして、疲れやすく、冷汗がある。
  2. 顔色が悪く、四肢が冷える。
  3. 動悸、めまいがあり、不安になりやすい。
  4. 舌が痛く、いらいらする。
  5. 胸が重かったり、苦しくなる。

(3)脾胃及び大腸

  1. 食欲がなく、疲れやすく、痩せている。
  2. 軟便ぎみで、四肢が冷える。
  3. 嘔気、ゲップが多く、お腹が張る。
  4. 胸やけや歯茎の腫れがある。
  5. 血便や不正出血が多い。

(4)肺

  1. 呼吸が荒く、声が低く、元気がない。
  2. 粘調な痰が切れにくく、喉が渇く。 
  3. すぐに風邪をひき、咳、痰が多くなる。
  4. 鼻づまり、鼻水が多い。

(5)腎と膀胱

  1. めまい、耳鳴りがあり、足腰がだるい。
  2. 尿の回数が多く、冷え症。
  3. 尿量が少なく、体が腫れぼったい。
  4. 抜け毛や歯のぐらつき、腰痛等がある。
  5. 四肢がほてり、寝汗が多い。

五臓六腑の養生法

あなたのウイークポイントがどこにあるのか分かりましたか?現代医学を越えた五臓六腑の考え方に、とまどいがあるかもわかりませんが、古代東洋人になったつもりで、頭を真っ白にして受け入れてみて下さい。そして健康チェックをもとに、各臓腑に対する養生法をマスターして日常生活に役立てて下さい。自分の健康は医者任せにせず、自分で守ってゆきましょう。

(1)肝と胆

肝は内分泌、自律神経機能等と関係の深い臓です。人は文明生活の中で自分が動物である事を忘れ、ヒトという動物の持つ固有リズムを無視した生活をしています。若いうちはまだ環境適応能力が旺盛ですが、年と共にこの動物としての不自然な生活に身体がついていけなくなり、感情の不均衡や体の不調を訴え始めるのです。出来るだけ規則正しい生活を心がけ、特に睡眠は十分に取りましょう。また目は肝と関係の深い器官なので、酷使しないようにしましょう。肝に問題のある人は適度な酸味がよく、甘みの強い食べ物はよくないといわれます。

(2)心

『心は神をつかさどる。』といわれ、高次の精神活動は心の作用によると考えられています。しかしストレス等にも一番弱く、不眠や不安感、動悸等が起こって来るのです。心を健康に保つためには、頑張り過ぎず、気分転換を上手にすることです。そして緊張が強い場合には腹式呼吸等で体をリラックスさせましょう。心に問題のある人は苦みがよく、辛い食べ物はよくないといわれます。

(3)脾胃及び大腸

消化器官は人間のエネルギーの源です。食べることによって、地の気を体に取入れ、それが血や肉となるのです。消化器が弱いとエネルギー不足になり、無気力、倦怠感、冷え等の症状がおこってきますし、過食ぎみになると胃腸の停滞を生じて、気や水の滞りとなり、様々な慢性疾患の原因となります。『腹八分目には医者いらず。』の言葉通り、適度な量を規則正しい時間に食べましょう。またあまり強い味覚のものや、冷たい飲料水、果物、生野菜等の体を冷やす食べ物もアレルギーの原因になりやすいので過食するのをひかえましょう。消化管に問題のある人は穀類、いも等の適度な甘みがよく、塩辛みの強い食べ物はよくないといわれます。

(4)肺

肺は気をつかさどるといわれ、新鮮な天の気を体に取入れ、その気を体中に送る働きがあります。そして肺の気は皮膚のまわりを巡り、免疫力を高めたり、温度調節をしたり、皮膚を潤したりするのです。
ですから肺が障害されると身体の生命活動にかげりが生じてきます。また水分の代謝が悪くなり、痰等の原因となるのです。緑の多い所で、日光を浴びながら腹式呼吸をして、大いに森林浴でもして下さい。そして肺と関係の深い皮膚を乾布摩擦等で鍛えてゆくと呼吸器の病気は起こりにくくなります。
また肺の病邪は鼻やのどから侵入するので、外から帰ったらよくうがいをしましう。そして肺を汚す喫煙は止めましょう。肺に問題のある人は辛い味がよく酸味の強い食べ物はよくないといわれます。

(5)腎と膀胱

腎は生命エネルギーを生み出す最も大切な臓で、生殖機能や骨代謝、また脳の活動にも関係すると共に、尿を体外に排泄する働きも有しています。年齢と共に確実に腎気は低下してくるのですが、長生きの秘訣はこの低下する腎気をいかに留めるかにあります。まずは体の特に下半身を冷やさない様にし、体操や散歩等で足腰を鍛えしょう。また腎はセックスとの関係が大きいので節度のある性生活が大切です。臍の下三寸に臍下丹田(さいかたんでん)と呼ばれる部位がありますが、この部位に力をこめたり、温めたり、擦ったりするのもよいでしょう。腎に問題のある人は塩辛みがよく、苦みの強い食べ物はよくないといわれます。