診療内容・診察時間

ホーム > 東洋医学について > 漢方ア・ラ・カ・ル・ト

漢方アラカルト

漢方とは

『漢方』という言葉の由来をご存じでしょうか。江戸時代にオランダからもたらされた西洋医学を蘭方と称したのに対し、中国から伝えられた医学は漢方と呼ばれました。

漢方の起源は古く、約二千年前の中国で確立され、それが現代にまで伝えられた伝承医学です。日本には遣隋使、遣唐使などのやりとりのあった奈良時代に伝来し、室町時代の頃から実地の医療として定着したと言われています。そんな古臭い医学なんて...、と思われるかもしれませんが、効果的で実用的な医学であったからこそ、二千年もの間、脈々と受け継がれてきたのです。

漢方の味

最近の漢方ブームで漢方を求めて来院される患者さんが多くなりました。しかし漢方がどんなものかも知らずに健康イメージだけでいらっしゃるため、その味やにおい、薬の量にびっくりされる方も多くおられるようです。漢方は西洋医学のようにカプセルや錠剤のような形状ではありません。自然界に存在する様々な植物、小動物、鉱物などを原料として、大きく手を加えず薬として使用するわけですから、自然そのものの素朴な味をしているのです。

漢方の味には「辛い」「苦い」「甘い」「咸っぱい(しょっぱい)」の五つの味があります。

辛 味:生姜やとうがらしに代表される味です。
作用:体表の寒さ、風、湿などを発散して、気を通す作用を持つといわれています。
肺の衰弱に良いとされるので、風邪の漢方は辛い味のするものが多いです。しかし気鬱の傾向にある人はこの味を多く取りすぎてはいけません。また、むやみに好んで過食すると筋肉が痙攀したり、爪が弱くなるともいわれています。
甘 味:菓子や果物に代表される味です。
作用:体に力を与えたり、痛みや味を緩和させる作用があります。
胃腸疾患には甘みのある漢方薬を処方しますが、だからといってお菓子類は胃には良くありません。過食すると骨が痛んだり、髪が抜けやすくなるといわれています。
苦 味:ふきのとうなどの味です。
作用:熱を取ったり、鎮静する作用があります。
胃炎や自律神経の興奮などによく使われます。しかし骨が弱い人は多く取りすぎてはいけません。過食すると皮膚がかさかさするといわれています。
酸 味:梅に代表される味です。
作用:行過ぎを抑えて、固めるといわれ、下痢や出血の止まらない時に使われます。
筋肉を痛めている人は多く取らない方がよく、過食すると筋肉がやせたり、唇がかさかさするといわれています。
咸 味:塩辛に代表される味です。
作用:固い物を軟化し、柔らかくするといわれ、腫瘍や固い便を柔らかくするのに使われます。
血の病の婦人は多く取らない方がよく、過食すると血が粘って、顔色が悪くなるといわれています。

>>次へ 体質にあった漢方

  • 河崎医院 附属淡路東洋医学研究所
  • ごあいさつ
  • 診療内容・診察時間
  • 医師紹介
  • アクセス
  • 東洋医学について
    • 東洋医学の基礎知識
    • 漢方アラカルト
    • 五臓六腑健康マップ
    • 診察法探索ガイド
  • 鍼灸・アロマセラピー
  • リンク集

河崎医院たより あけび

河崎医院
附属淡路東洋医学研究所

〒656-0428
兵庫県南あわじ市榎列掃守22-5
【TEL】0799-42-2020

アクセスはこちら

ページの先頭へ