アロマセラピー

ホーム > 鍼灸・アロマセラピー > アロマセラピー

アロマセラピーとは

植物の香りの成分を利用した芳香療法で、『アロマ』は香り、『セラピー』は治療を意味します。植物の薬理成分を濃縮した精油(エッセンシャルオイル)は、緊張感を和らげてリラックスさせたり、イライラを鎮めて気持ちをお落ち着かせるような心理的な作用のあるものから、内臓やホルモンのバランスを整えるような身体的に作用するものまであり、広範囲にわたって体に影響をおよぼします。このように全身のバランスを整えていくのがアロマセラピーです。

普段の生活の中でもお風呂に入れたり、お部屋で芳香浴をしたり、様々な方法でアロマセラピーを楽しみながら健康を維持していきましょう。

※当医院ではたくさんの精油やアロマ関連商品をリハビリ室に置いてあります。
ご希望があればお取り寄せもさせていただきますので、興味のある方はスタッフにご相談ください。

身近なトラブルに効く主な精油の使用例

精油の香り、効能はさまざまです。自分の症状にあった精油を選んでください。

風邪・花粉症予防や
呼吸器に
ティートリー、ユーカリラディアタ、ユーカリグロブルス
肩こり・腰痛に ウィンターグリーン、ラベンダー、ユーカリレモン、
ローズマリーカンファー
月経、更年期など
婦人科疾患に
クラセージ、ゼラニウム、スイートオレンジ、プチグレン
眠りにくい方に ラベンダー、ラベンサラ
不安感、落ち込みに ラベンダー、ゼラニウム、スイートオレンジ、イランイラン
冷え、むくみに レモン、ジュニパー、サイプレス

基本的な使い方

芳香浴吸入

お湯を注いだマグカップや洗面器に精油を入れ部屋に香りを拡散させる方法です。アロマデュフューザーなどを使うとより効率よく拡散できます。
好きな香りで気分が安らぎ、殺菌効果のある精油を用いると空気浄化をすることもできます。
風邪や花粉症の時は、ハンカチやティッシュに精油を1,2滴落とし、深い呼吸で吸い込む方法が効果的です。

マッサージ

マッサージオイルを作って体をマッサージします。血行促進や疲労、緊張を取り除くことができます。
肩や腰など患部にぬり込むだけでも効果があります。

アロマバス

お風呂の中に5,6滴の精油を加え、ゆっくり入浴します。半身浴や足浴もおすすめです。
体も温まり、疲労感やストレスの解消にうってつけです。

PHYT'S化粧品

当院では厳選された天然成分をふんだんに使用した、オーガニックハーブ化粧品「PHYT'S化粧品」を取り扱っています。詳しくはスタッフにご相談ください。

PHYT'S化粧品

  • 河崎医院 附属淡路東洋医学研究所
  • ごあいさつ
  • 診療内容・診察時間
  • 医師紹介
  • アクセス
  • 東洋医学について
  • 鍼灸・アロマセラピー
    • 鍼灸
    • アロマセラピー
  • リンク集

河崎医院たより あけび

河崎医院
附属淡路東洋医学研究所

〒656-0428
兵庫県南あわじ市榎列掃守22-5
【TEL】0799-42-2020

アクセスはこちら

ページの先頭へ