河崎医院たより 「あけび」

ホーム > 河崎医院たより 「あけび」 > 河崎医院たより「あけび」2019年 1月 118号 特集『眼精疲労/眼精疲労の対処法』

河崎医院たより「あけび」2019年 1月 118号 特集『眼精疲労/眼精疲労の対処法』

明けましておめでとうございます。2019年、己亥(つちのとい)年を迎えました。皆様にとって幸多き年になりますことを祈念しております。今回は『眼精疲労』をお届けします。

■ 眼精疲労

眼精疲労は現代病

眼精疲労とは目が疲れる、目の奥が痛い、しょぼしょぼする、かすむなどの不快な症状がいつまでも続く状態です。休息や睡眠を十分に取っても改善しない場合には、放置しておくと肩こり、頭痛、吐き気などの身体の不快症状を伴ってくることも少なくありません。
現代生活は目を酷使する環境にあふれています。仕事や勉強でもパソコンを使用し、プライベートな時間もスマートフォンやゲーム機器などの画面を見る生活では、長時間に渡って近くを見つめることになります。同じ姿勢で至近距離を見続けると、ピント合わせに重要な働きをする毛様体筋はこわばり、血流が悪くなります。また自分に合わない眼鏡を長く使ったり、老眼や遠視があるのに無理をして裸眼で押し通すことなども眼精疲労の原因です。
ものを見る時、目は水晶体の厚みを変えて、対象物にピントを合わせています。遠くを見るときには目の周りにある毛様体筋が伸長して水晶体を薄くし、近くを見るときには毛様体筋が収縮して水晶体を厚くすることでピントを調整します。この毛様体筋は不随意筋で、自分の意思では動かすことができず、自律神経によってコントロールされています。リラックスしている時に自然にピントが合う距離を調節安静位といい、視力が正常な人では約1m前後にあります。この調節安静位より遠くにピントを合わせる時には交感神経が、近くに合わせる時には副交感神経が活発になるのですが、現代生活のように至近距離ばかりにピントを合わせていると、二つの自律神経のバランスが崩れてしまい、毛様体筋の疲労と合わさって眼精疲労は慢性化してきます。その他、眼精疲労の原因として、白内障や緑内障、ドライアイなどの疾患もありますので、症状がひどい場合には眼科受診をお勧めします。
 

眼精疲労の処方箋

眼精疲労がある場合には、まず深刻な目の疾患や調節障害がないかを確認することが第一です。それらが無い場合には水晶体の調整をする毛様体筋の負担をどう軽くするかを考える必要があります。眼鏡やコンタクトレンズを使用している場合には最適な視力が得られるように度数を調整します。また老眼もできるだけ早目につけはじめることが眼精疲労の予防に繋がります。遠近両用やパソコン用メガネなど用途に合わせて、細かく調整をしてください。また携帯電話などのデジタル機器を使用する場合には、10分間に1~2秒だけでも画面から目を離して遠くを見るようにして、過剰なピント合わせを回避しましょう。またデジタル機器の明るさを落とすことも大切です。その他、入浴後には目周辺のマッサージをしたり、蒸タオルを当てて温めると目の周辺の血行が改善して、眼精疲労の回復に繋がります。
眼精疲労には杞菊地黄丸(コギクジオウガン)という漢方薬が有名です。六味丸に枸杞子、菊花を加えたものですが、保険漢方にはないので、六味丸だけでも代用できます。また桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)も精神的な疲れからの眼精疲労に効果的です。


■ 眼精疲労の対処法

PCやスマートフォンなどの使用で眼精疲労を起こす方が増えています。今回は簡単にできる対処法や効果的なツボををお伝えしたいと思います。

眼精疲労の症状

眼精疲労は一時的に起こる疲れ目とは違い、慢性的に起こるもので目のかすみや痛み、充血以外にも肩こりや頭痛、吐き気などの症状もみられることもあります。
・目がゴロゴロしたり、乾燥してバシバシする。   
・ピントが合いにくい
・目の奥が重い、痛い。  
・こめかみや眉間が痛い。

対処法・予防法

・睡眠時間を十分とる・・・症状は睡眠や休息だけで簡単にとれるものではありませんが、それでも睡眠時間は十分確保しましょう。


・目を休める・・・PCやスマートフォンをよく使う方は1時間に1度は画面から目を離しましょう。
【・目を5秒ほど閉じる。・遠くを見たり、近くを見たりピントを変えて目を動かす。・パチパチまばたきの回数を増やしてみる。】

・血行を良くする・・・温めたりマッサージをすることで血行が良くなり目の周りの筋肉をほぐします。

・乾燥を防ぐ・・・目薬を指したり、目を閉じる。まばたきをするなどして目を潤します。

・目を守る ・・・PC使用時はPC用のメガネ、外出時には紫外線を防ぐメガネを使用するなど目を光から守りましょう。

眼精疲労におすすめのツボ

・晴明...左右両方の目頭と鼻の骨の間。
・攅竹...左右両方の眉頭の内側。
・太陽...こめかみにあり、目尻と眉尻の間から指2本分外側。
・風池...後頭部の髪の生え際。首の付け根の凹みと耳の後ろの骨の間。
・合谷...親指と人差し指の骨の付け根の間。

おすすめのアロマセラピー

お湯に精油を1~2滴落としハンドタオルをぬらして絞り温湿布を作り、目の上や首の後ろを温めます。
・ラベンダー...リラックス効果、不眠、頭痛、鎮痛。
・マンダリン...リラックス効果、血行促進。
・ローズマリー...血行促進、筋肉の緊張をとる。

おすすめマッサージ

①眼球を触らないように気を付けながら目の周りの骨に沿ってマッサージ。外側に向かって軽く指圧もOK。
②眉の骨に沿って内側から外側へ指を滑らせる。
③後頭部の髪の生え際を親指で抑える。


■ 今月のおすすめ 

アロマセラピーの精油

上記の精油以外にもリラックス効果のある精油や簡単に使えるハーブウォーターなどがあります。当院のリハビリ室にありますので気になる方は気軽にスタッフに問い合わせください。


09280824_56087abdb20bb.jpgのサムネール画像

¥1,300~

1月は診察時間の変更はありません。

  • 河崎医院 附属淡路東洋医学研究所
  • ごあいさつ
  • 診療内容・診察時間
  • 医師紹介
  • アクセス
  • 河崎医院たより あけび
  • 東洋医学について
  • 鍼灸/アロマ
  • リンク集

河崎医院たより あけび

河崎医院
附属淡路東洋医学研究所

〒656-0428
兵庫県南あわじ市榎列掃守22-5
【TEL】0799-42-2020

アクセスはこちら

ページの先頭へ