河崎医院たより 「あけび」

ホーム > 河崎医院たより 「あけび」 > 河崎医院たより「あけび」2015年12月 81号 特集『カフェインのメリット・デメリット/おすすめ商品特集』

河崎医院たより「あけび」2015年12月 81号 特集『カフェインのメリット・デメリット/おすすめ商品特集』

「光陰矢のごとし」の言葉通りに今年もあっという間に師走の12月ですね。今回は身近な飲み物に含まれる「カフェインのメリット・デメリット」について考えてみましょう。

■ カフェインのメリット・デメリット

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインですが、日本社会ではごく当たり前に日々摂取しています。最近このカフェインが新たに見直され、検証されているのをご存知ですか?カフェインが大好きな人も苦手な人も、カフェインの功罪について一緒に勉強してみましょう。
カフェインは植物の葉、幹、種などに含まれる植物由来の天然成分のことで、主には珈琲や緑茶で摂取する人が多いですが、数多くの食品や飲料にも添加され、家庭用医療薬としての頭痛薬、風邪の総合感冒薬などにも含まれています。

カフェインのメリット

まず覚醒作用、眠気防止効果が最も有名ですね。脳や脊髄などの中枢神経系が刺激され興奮し、五感や思考力も増進されます。勉強や仕事で頭を使う仕事をしている時など、眠気も取れ気分爽快になり能率低下を防ぎます。また骨格筋に直接作用し、筋肉の収縮を促すため、疲労物質である乳酸の弊害が少なく、筋肉疲労や疲れにくくなる効果を表します。頭痛持ちの方には脳血管の収縮作用があり、頭痛を防止する効果があります。その他、基礎代謝の勢いが高まり、体脂肪の燃焼を促進し、ダイエット効果も確認されています。珈琲を飲んだ後に小便が近くなることは皆さんが経験していることと思いますが、腎臓を刺激して血管を拡張させるため、摂取後3~5時間位で尿の排泄を促します。体内のデトックス効果ともいえるかもしれません。その他にも心臓に刺激を与える強心効果もあります。最近の研究ではこれらの総合的な作用の結果、珈琲を飲まない人より、数杯飲む人の方が寿命が長く、認知症にもなりにくいという統計論文も出ています。

カフェインのデメリット

しかしカフェインの様々なメリットは過剰に摂取することによって、デメリットに変わってきます。覚醒効果は不眠や精神的な興奮に繋がり、精神の不安定さをもたらすこともあります。また強心効果は反面血圧上昇をもたらす場合もありますし、頭痛改善効果は過剰摂取で返って頭痛を誘発することにもなりかねません。また胃腸が弱い人にとっては強い刺激となります。その他、鉄の吸収を妨げ貧血を誘発する場合もあるので、妊婦は少量にすべきと言われています。その他過剰摂取で依存性がおこることも古くから知られていますので注意が必要です。
このようにカフェインには功と罪が明確にありますが、すべては適切な量を意識して接種できるかどうかにかかっています。カフェインの摂取量は1日に250mgまでを目安にすると良いといわれています。コーヒーカップ一杯分(120ml)に含まれるカフェインの含有量は約70mgとされています。他の飲み物や食品などからの摂取もありますので、1日3杯までには留めて欲しいものです。カフェインに敏感な方は珈琲の香りがする、ノンカフェイン飲料なども様々ありますので、利用することをお勧めします。

 

■ おすすめ商品特集

寒い冬、この時期ならでの冷えや乾燥などの気になる症状がでてきますね。今回は冬に役立つ当院のおすすめ商品を取り上げたいと思います。ご自身やプレゼントにもご利用ください。

ちょっぴり大人のしょうが湯

「乾燥しょうが」「蒸ししょうが」の2種類のしょうがに本葛、山椒、高麗人参などが入り体の芯から温めます。甘さも控えめで飲みやすく、寝る前に飲むとぐっすり眠れます。風邪の初期症状が表れたらまずしょうが湯!薬いらずで治るかもしれません。当院の一番人気の商品です。

精油・ハーブウォーター 

・ティートリー・・・抗菌、抗ウイルス効果が高いので風邪やインフルエンザの予防などこの時期とても役立ちます。スプレーを作り空気洗浄したり、拭き掃除の時に薄めて使用することもできます。うがいに使用するのもおすすめ。免疫力を高めるので体を強くしてくれます。

・ユーカリ・ラディアタ・・・抗菌・抗ウイルス作用があるので殺菌・消毒効果が期待できます。痰を切ったり、鼻やのどの粘膜の炎症を抑える効果もあるので、風邪の初期症状の時は吸入をするのに使うと良いでしょう。リラックス効果もあるのでゆっくり眠れると思います。

・ティートリーウォーター・・・抗炎症作用や抗菌作用に優れているので空気の洗浄や皮膚の消毒にも使えます。ハーブウォーターは直接、肌に使用できるのでとても便利です。

・ドクダミウォーター・・・ドクダミの解毒効果があるのはよく知られています。保湿作用もあり乾燥やかゆみ、アトピーなどあらゆる肌のトラブルの改善におすすめです。リピーターの方が多い商品です。。

バスローズ(入浴剤)

ローズ、ローズゼラニウム、パルマローザの精油が配合され、クレイとシルクタンパクでお肌をつるつるに。香りもよく、温泉成分も含まれているので温もりが持続し、寒い冬の夜をゆったりした気分にさせてくれます。

カオリン(クレイ)

クレイは土の成分でミネラルが多いのが特徴です。皮膚の汚れや老廃物を取り除きつつ、血行促進し代謝を高め、保湿効果もあるので肌をきれい保ちます。洗顔やパックとして使うのがおススメです。

医院オリジナルアロマクリーム・リップ (ハンドクリーム600円・リップ500円)

アロマクリーム・・・天然のシアから採れる保湿効果たっぷりのシアナッツバターをベースに精油をオリジナル配合したハンドクリームはひどい乾燥やあかぎれなどの肌荒れを改善させます。また、冬はしもやけ対策用に血行促進や炎症を抑える精油をブレンドしたものも人気があります。

アロマリップ・・・天然のミツロウ、オリーブスクワラン、ひまわりハイブリット油をベースに精油をブレンドしたリップクリームです。市販のリップではもの足りない、唇がパックリ割れるようなひどい荒れに是非使ってみてください。

年末年始のお休み 12月30日(水)~1月4日(月)
 年始の診察は  1月5日(火)からになります