河崎医院たより 「あけび」

ホーム > 河崎医院たより 「あけび」 > 河崎医院たより「あけび」2013年6月 51号 特集『更年期のウツ/更年期のアロマセラピー』

河崎医院たより「あけび」2013年6月 51号 特集『更年期のウツ/更年期のアロマセラピー』

雨に濡れるアジサイが美しい季節6月です。蒸し暑い夏がはじまってきますので、夏ばて症状には注意していきましょう。今回のあけびは「更年期のウツ」を取り上げます。

■ 更年期のウツ

更年期とは45歳~50歳代前半で、月経周期の異常、閉経状態がおこる時期をいいます。
卵胞ホルモン(エストロゲン)が低下し、それをうながすために脳下垂体から分泌される ゴナドトロピンが上昇してきます。期間は人によって異なりますが、数年から10年程度持続する場合もあります。代表的な症状にホットフラッシュや動悸に代表される血管運動性障害、関節痛や四肢のしびれなどの運動器障害、それと共に多いのが不安やイライラなどの精神症状です。特に女性のウツは男性の2倍あり、ホルモン変動の大きな更年期には男性の8倍ウツがおこりやすいという報告もあります。月経が不順になった閉経前頃から発症しやすいと言われており、「更年期ウツ」とも呼ばれます。この年代は夫の定年、子育ての終了、親の介護など、家族の問題も起こりやすく、それがウツのきっかけにもなるようです。月経変動や妊娠、出産などで精神変化をおこしやすい人が、更年期にもウツを発症しやすいことが知られており、従来の性格傾向の上にホルモン変動がもたらす身体変化や環境因子が精神症状を誘発しやすいとも考えられます。
更年期ウツに対して、ホルモン補充療法と共に、漢方治療も近年高く評価され、使用頻度が高まっていますので、ご紹介しましょう。

更年期ウツの漢方治療

加味逍遙散(かみしょうようさん)
更年期のみならず、どの世代の女性の心身症に対しても用いられる代表的な漢方薬です。少しのぼせ傾向があり、あれやこれやと思い悩むタイプの不定愁訴に効果的です。その上月経を調整する働きもありますので、長期間服用することも可能です。

香蘇散(こうそさん)
元来神経質で胃腸が敏感なタイプの不安や頭痛などに効果があります。漢方アロマと呼ばれる位によい香りなのが特徴で、この香りを気に入るタイプには効き目が良いとも言えます。また軽いカゼ症状も吹き飛ばす働きがあります。

加味帰脾湯(かみきひとう)
不安や焦燥感と共に、倦怠感や食欲低下、不眠などを訴えるケースに効果があります。無気力傾向になっている場合には長期間服用することをお勧めします。酸棗仁湯(さんそうにんとう)と一緒に飲むと一層効果が上がります。


桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
代表的な婦人薬で月経障害や子宮筋腫などにも用いられますが、更年期の多彩な症状にも繁用されます。肩こりやのぼせを伴う精神症状には定評があります。
 
上記の漢方薬はそれぞれ証に合わせて用いる必要があります。更年期を前向きに乗り切るために、漢方的な診察を受けた上で処方を受けることを勧めします。

 

■ 更年期のアロマセラピー

アロマセラピーで用いる精油には更年期で乱れたホルモンバランスや自律神経を整えたり、落ち込み、不安やイライラした精神状態を落ち着かせるよう効果をもたらすものがあります。今回は更年期に役立つ精油を紹介したいと思います。

クラリセージ

スルラレオールという女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きを持つ成分が含まれているのが特徴です。更年期ののぼせや落ちこみ時に、エストロゲンが分泌された時と同じような作用が期待できます。ラベンダーなどに含まれる鎮静作用を持つエステル類が80%なのでリラクゼーション効果もあります。香りが少し強いので慣れるまでは気になるかもしれません。更年期だけでなく、月経不順や生理痛などあらゆる女性の悩みに効果的です。しかし、エストロゲン様作用が強いので妊婦の方が使用するのは避けたほうが安全です。

ゼラニウム

バラの香りの代わりに使われるほど華やかな香りで心を癒してくれます。抗菌効果を持つゲラニオールという成分には自律神経を安定させ不安を取る作用があリます。ほかにも鎮静作用がある成分を多く含むので不安やうつ症状を落ち着かせリラクゼーション効果をもたらします。
ホルモンバランスを整えたり肌状態を落ち着かせる美肌効果も期待できる女性には役立つ精油です。

サイプレス

ヒノキ科の精油で木の香りですっきり元気な気持ちにさせてくれます。血流を良くするのでのぼせを和らげます。鬱滞除去作用は静脈やリンパの流れを良くするの、手や足のむくみ、しびれにも効果が期待できます。

マンダリン・ベルガモット・プチグレン

柑橘系の香りは親しみやすく、すっきりしているので気持ちも明るく前向きにさせてくれます。イライラや精神的な緊張、パニック症状を鎮め、胃腸の働きと整え、お腹の痛みや不快感を和らげます。特にプチグレンにはアンスルニン酸ジメチルという抗不安作用のもつ成分が含まれ、不安や落ち込み症状に効果的です。

 

■ 今月のおすすめ

バスローズ

疲れた身体と心を元気にしてくれる、女性にぴったりの癒しのバスタイムをサポートします。  美人の湯などで知られる温泉の主要成分セリシンにアロマとクレイでさらに美肌効果を高めた女性のための入浴剤。 自宅のお風呂でいつでも、好きな時間に気軽に究極のスパタイムが楽しめます。 ローズの香りで癒し効果も抜群です。

bathrose.jpg

500g ¥2940

6月1日(土) 12時まで 
 担当医:河崎Dr.に変更
日笠Dr. 休診になります。