河崎医院たより 「あけび」

ホーム > 河崎医院たより 「あけび」 > あけび」2013年5月 50号 特集『食後高血糖Ⅱ / ラジオ体操』

あけび」2013年5月 50号 特集『食後高血糖Ⅱ / ラジオ体操』

若葉や花々が美しい5月です。郊外で過ごすには最適な季節ですが、強くなった直射日光には注意して下さいね。今回のあけびは前回に続いて「食後高血糖Ⅱ」をお届けします。

■ 食後高血糖Ⅱ

食後高血糖は糖質制限食で確実な効果が上がる

糖尿病治療では空腹時血糖のコントロールだけでなく、食後高血糖の管理が重要です。前回にも書きましたが、食後1~2時間血糖値が140~160mg/dl以下に管理することが望ましいとされます。また糖尿病の前段階の境界型も既に対策が必要です。特に境界型の食後高血糖の改善は本格的な糖尿病への移行を防ぎ、将来の大血管障害を防ぐためにも重要視されています。
血糖値の管理は食事、運動、体重のコントロール、必要に応じた薬物療法が基本です。その中でも食事療法は何より大切ですが、最近江部康二先生らが提唱する「糖質制限食」が、この食後高血糖を確実に予防するとして注目されています。元来日本の糖尿病の食事療法は一定のカロリー内で、炭水化物を中心として、蛋白質、脂質をバランスのよい割合で食べるというものでした。それに対して、糖質制限食は、ご飯を中心とした主食であるご飯、パン類、麺類などの炭水化物や甘いお菓子、ジューズ類、果物などを制限する食事方法で、その代わりに蛋白質や脂肪はかなり多めに摂取してもよいという考え方です。そうすると一日の摂取カロリーは脂肪が中心となり、糖分はそれに次ぎます。血糖というのは炭水化物摂取後に即時に上昇しますが、脂肪や蛋白質を摂取しても糖に変換されるには時間がかかるためにそれ程大きな問題にはなりません。ですから三大栄養素を均等に減らすのではなく、炭水化物だけを大きく減らせば、効率良く食後血糖低下に反映するということが、実証を通じてわかってきました。同時に糖質制限では急激な食後の血糖上昇が防げるため、すい臓からのインシュリンの追加分泌も少なくなるので、すい臓を休め、糖尿病の進展も遅らせることが可能です。また糖質制限食は糖尿病進展にとって危険因子である体重にも大きくダイエット効果があることがわかってきていますので、二重の意味で糖尿病には最適な方法です。その上で適度な毎日できる運動を心がければ、確実な効果が現れてきます。

糖質制限食の3つのパターン

糖質制限の方法としては以下の3パターンがあります。血糖改善効果やダイエット効果などはプチ、スタンダード、スーパーの順番に大きくなりますが、長続きしなければ意味がないので、自分ができそうな方法を選んで下さいね。
◎プチ糖質制限食《1日のうち1食だけを糖質オフ》 ・・・食後はエネルギーを使わないで、就寝するだけとなる夕食の炭水化物を抜くことが最も推奨される。
◎スタンダード糖質制限食《3食のうち2食を糖質オフ》 ・・・自宅で食べることが多い朝食と夕食を炭水化物抜きにするのが長続きしやすく、コントロールもできやすい。
◎スーパー糖質制限食《3食すべて糖質オフ》 ・・・厳しく感じるかもしれないが、確実に血糖改善効果が実感できる。あるレベル以上の糖尿病患者さんにはお勧め。
(江部康二先生の糖質制限食関連書籍、CDなどを当院にて販売しています。)

 

■ ラジオ体操

皆さんご存知の『ラジオ体操』ダイエットや体力つくりなど、全身を動かす体操として見直されています。『おとなのラジオ体操』という本の売り上げも話題になりました。
簡単にできるラジオ体操で健康維持を心がけましょう。

ほんとにすごいラジオ体操

ラジオ体操は老若男女誰でもが行えるように簡単な動きですが、実は体をまんべんなく動かすために必要な動きの組み合わせによってできています。体全身の筋肉や関節を動かすことで健康維持や体力の向上、ダイエット効果なども期待できます。第一だけだと3分10秒、運動の消費カロリーも早いペースのウォーキングと同じくらいあります。この短い時間にこれだけの動きが組まれているとても素晴らしい体操なのです。

どんな効果があるの?

具体的にどのような効果があるのでしょう。腕を回しや胸そらしで呼吸器系の強化や肩こり解消。前後左右の曲げそらしで体幹の強化。飛ぶ運動や足の曲げ伸ばしで脚力アップ。体をねじる運動では消化吸収促進や便秘改善など内臓面への効果など。全身の筋肉や関節を十分動かすので柔軟性の向上、血行増進からの肩こり、腰痛、冷えの改善や骨の強化も期待できます。脂肪燃焼や新陳代謝をあげるのでダイエットやメタボ予防にもなるでしょう。

ラジオ体操の種類

ラジオ体操第一は誰でもできることにポイントをおいた体操。リズムに合わせて体全体の筋肉や関節をバランスよく動かします。
ラジオ体操第二は、筋力強化にポイントを置き、体を大きく使う運動で血行促進や内臓の動きを活性化させます。
みんなの体操(テレビ体操)は、年齢や性別、 障害の有無を問わずすべての方を対象とした体操。立位、座位のどちらの動きも紹介してくれるので、自分のレベルに合ったものを選びましょう。

上手なラジオ体操の使い方

ラジオ体操くらい、、、と思っていても普段運動をしてない方が行うと結構キツイ運動です。また膝や腰に痛みがるなど自分の体のレベルに合わせて無理のないように行いましょう。張ってほしいことは継続することです。毎日は無理でも2、3日に1回くらいのペースでも続けることで効果が期待できます。ラジオ体操のホームページやテレビのみんなの体操で動きを確認して行いましょう。

 

■ 今月のおすすめ 

フィッツソレール 日焼け止め

5月になると紫外線が強くなってきます。そろそろ紫外線対策をはじめましょう。フィッツの日焼け止めは「COSMEBIO」というオーガニックコスメの厳しい基準をクリアしています。紫外線吸収剤を使用せず、天然由来成分で作られたお肌にやさしい日焼け止めです。アルガンオイル配合なのでUVケアだけではなくエイジングケアや保湿ケアにも。1歳の赤ちゃんから使え、女性の化粧下地にも使えます。

spf30.jpg

SPF10  ¥3,570
SPF30  ¥4,410

1日(水) 午前・午後とも担当 日笠Dr.に変更