河崎医院たより 「あけび」

ホーム > 河崎医院たより 「あけび」 > 河崎医院たより「あけび」2012年6月 39号 特集『頭痛/頭痛の予防』

河崎医院たより「あけび」2012年6月 39号 特集『頭痛/頭痛の予防』

雨の季節になってきました。農繁が終わると、田んぼが早苗に衣替えして初夏を迎えます。今回と来月のあけびは「頭痛」を特集します。多くの方が経験する症状ですので、一緒に勉強しましょう。

■ 頭痛

慢性頭痛にはどんな種類があるでしょうか

頭痛は多くの人が一度は経験するありふれた症状です。カゼ、肩こり、疲れ、高血圧、緑内障など、様々な体調不調や病気の主要症状として現われてきます。日常的で一過性の頭痛は放置しても問題はありませんが、中には脳腫瘍、脳膜炎、くも膜下出血など、脳の怖い病気が原因で起こる場合がありますから、持続する場合には医療機関を受診しましょう。しかし大きな原因がないのに繰り返して起こる慢性頭痛も日本人には多い訴えで、「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3つに分類されています。それぞれ原因や治療法、予防法が違うので、自分の頭痛のタイプを勉強しましょう。

(1)緊張型頭痛

頭全体や後頭部が締め付けられるように持続的に痛むのが特徴の頭痛です。原因は長時間のデスクワークやストレスなどでおこる、頚部~首周辺の筋肉の緊張です。筋肉の緊張が目の奥にまで影響し、目の疲れやめまいが生じることもあります。慢性頭痛の中で最も多い頭痛ですが、肩こりやストレスなどを緩和することで症状はかなり改善されます。消炎鎮痛剤が効果的ですし、漢方では葛根湯(カッコントウ)や釣藤散(チョウトウサン)がよく効きます。

(2)片頭痛

片頭痛は脳の血管が拡張し、炎症を起こすことによっておこると考えられています。脳内のセロトニンという物質がストレスなどの原因で一時的に増加して血管が収縮し、正常化に伴い血管が拡張することが原因とする説もあります。女性のほうが男性よりも3~5倍ほど多く、遺伝的要素が高いともいわれています。 日常生活では、食事や睡眠不足、ストレス、天候の変化、光などが引き金になります。スタチン製剤という薬物が即効性があります。呉茱萸湯(ゴシュウトウ)や川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)がよいでしょう。

(3)群発頭痛

群発頭痛は血管の拡張が関係すると言われますが原因は不明です。1時間程度の激しい頭痛が数ヵ月の間、連日のように群発するのが特徴です。目の奥やこめかみのあたりをえぐられるような激しい痛みが1時間程度続き、自然に治まります。頭痛は年に1~2回、あるいは2~3 年に1回程度現れ、毎日のように群発します。それが1~2ヵ月間続きますが、その時期が過ぎれば全く頭痛は起こりません。頭痛は睡眠中に起こりやすく、それで目を覚ますこともあります。発作中に、頭痛のある側の目が充血する、涙が出る、鼻が詰まる、鼻汁が出るなどの症状を伴うことが特徴です。片頭痛が女性に多いのに対して、群発頭痛は若い男性に多い頭痛です。難治性でステロイド剤などが使われますが、それほど多く発症するものではありません。

 

■ 頭痛の予防

緊張性頭痛と片頭痛の予防法を紹介します。頭痛症状がよくあらわれる方は生活を意識し、簡単な予防法を取り入れてみましょう。

緊張性頭痛

筋肉の緊張を緩めることが予防法です。首、肩、全身の筋緊張を緩めるマッサージやツボ刺激、半身浴で体を温めたり、アロマセラピーの芳香浴なども心身ともにリラックスできて効果的です。常に正しい姿勢を心がけましょう。腹筋や背筋、首の筋肉の強化につながり肩こりの改善になります。ふだんから柔軟体操やストレッチなどの簡単な体操をすることも大切です。歯や眼が悪いと首や肩が凝りやすく、頭痛につながることもあります。

☆肩回し体操・・・肩甲骨を意識して肩を前後ろに回しましょう。
☆首を前後左右に伸ばすストレッチ・・・ゆっくり息を吐きながら行いましょう。
☆ツボ
肩井・・・肩の真ん中、耳たぶの真下。肩に手を当てるとあたるところ
風池・・・後頭部の髪の生え際。首の筋肉の両脇のくぼみの少し外側
百会・・・頭のてっぺん。両耳をつなぐ線上の真ん中

片頭痛

片頭痛はストレスをためないことや食事や睡眠など規則正しい生活を送ることが予防法になります。赤ワイン、チョコレート、チーズなどの食品には血圧上昇作用のあるチラミンが含まれているため、頭痛を誘発します。ビタミンB2やマグネシウムは片頭痛の改善に良いと言われています。空腹時に頭痛は起きやすいのでしっかりと食事はとりましょう。寝不足や寝すぎ、どちらもに気をつけましょう。片頭痛になってしまったら、カフェイン飲料を飲んだり、冷やすと痛みは緩みますが、取りすぎ、冷やしすぎは症状を悪化させてしまうことがあるので注意してください。

☆ビタミンB2を多く含む食品・・・豚肉、レバー、卵、うなぎ、ホウレンソウ
☆マグネシウムを多く含む食品・・・大豆、ヒジキ、緑黄色野菜
☆ツボ押し・・・片頭痛の時は押しすぎに注意!!
完骨・・・耳の後ろにある大きな骨のうしろのくぼみ
和髎・・・耳の前の髪の生え際、こめかみのあたり。頬骨の上少しくぼんでいるところ

 

■ 今月のおすすめ 

日焼け止め フィッツソレール  SPF10 SPF30

当院がおすすめするフランスのオーガニックブランドPHYT'Sの日焼け止め乳液です。100%ミネラルスクリーン使用。保湿力の高いアルガンオイル配合。肌への負担が少ない紫外線散乱剤が紫外線からやさしく肌を守ります。敏感肌の方や赤ちゃんまで安心してお使いいただけます。

phyts0302.jpg

フィッツソレール
SPF10 \¥3,570
SPF30 \¥4,410

6月30日(土曜) 12時まで 担当医河崎に変更
日笠は学会の為、休診します。