河崎医院たより 「あけび」

ホーム > 河崎医院たより 「あけび」 > 河崎医院たより「あけび」2012年11月 44号 特集『副鼻腔炎/副鼻腔炎の対処法』

河崎医院たより「あけび」2012年11月 44号 特集『副鼻腔炎/副鼻腔炎の対処法』

紅葉が始まり、少しずつ寒くなってくる晩秋の季節です。またインフルエンザの予防注射をする時期でもあります。今回はカゼと疑われやすい「副鼻腔炎」を一緒に勉強しましょう。

■ 副鼻腔炎

【副鼻腔炎は身近な疾患です】

副鼻腔とは鼻腔の周囲にある上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)という4つの空洞のことです。この副鼻腔に炎症が起きている状態を副鼻腔炎といい、俗に蓄膿症とも呼ばれます。副鼻腔は自然口という孔で鼻腔とつながっているので、カゼなどを契機に鼻炎が副鼻腔に拡がると急性副鼻腔炎が起こってきます。これは抗生物質などで適切に治療すれば短期間で改善しますが、それが完治しない、あるいは再発を繰り返すと炎症が悪化して、副鼻腔の粘膜が腫脹したり、膿がたまってしまうことがあり、3ケ月以上続いた場合には慢性副鼻腔炎と診断されます。以前は、細菌感染が主な原因といわれていましたが、最近ではアレルギーを背景にした副鼻腔炎が増加しており、患者数は増える傾向にあります。

【副鼻腔炎の症状】

副鼻腔炎症状としては鼻汁、鼻閉というようなカゼとよく似た症状がおこってきます。鼻水は粘調で黄色などのことが多く、後鼻漏といって喉に垂れてきたり、引っかかる感じになります。その上で臭いが分からないとか、目頭周囲の頭痛などを伴えば副鼻腔炎の可能性が強くなります。また咳や発熱がみられることもあります。カゼを引いた後に、気がつかない間に副鼻腔炎になっていることが大変多く、冬場に多発しますので、長引く鼻炎の場合はぜひ医療機関に相談してください。

【副鼻腔炎の治療法】

長副鼻腔炎の場合にはマクロライド系の抗生物質で治療するのが基本ですが、漢方治療も効果的ですので、ご紹介しましょう。
葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)は急性副鼻腔炎の頃には効果がある漢方薬で、カゼを引いた後に鼻汁、鼻閉が強くなった場合などに用いられます。慢性化して臭い黄色鼻汁が出たり、臭覚障害が出るレベルには荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)などの清熱作用が強い漢方処方が効果的ですし、小柴胡湯合桔梗石膏(ショウサイコトウゴウキキョウセッコウ)も大変優れた効果を発揮します。
また小学生くらいまでの年代で、副鼻腔炎を繰りかえる場合には抗生物質を頻回に飲ませることも躊躇があります。こんな時には補中益気湯(ホチュウエッキトウ)柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)を合わせて長期服用すると予防になります。その他、ドクダミ茶やタンポポ茶には抗炎症作用や解毒作用があるので、慢性副鼻腔炎体質の方の家庭で出来る体質改善法として、お茶として日常飲むことをお勧めします。その上で引き金や悪化要因になるカゼをまず引かないように気をつけたり、体力低下や免疫力を落とさないようにすることも大切なことです。

 

■ 副鼻腔炎の対処法

鼻水や鼻づまりといった症状は息がしにくかったりと嫌なことが多いです。こんな時、すぐに使えるツボやアロマセラピーと知っておくと便利です。

ツボ(経穴)

・足の井穴・・・足の爪の生え際。指で押したり、揉んだりしてください。
        副鼻腔の前頭洞の反応が表れるところです。

神庭・・・顔の中心線上。髪の毛の生え際より1~2cm上。
      鼻づまりの時は押すと少し痛いかもしれません。

印堂・・・眉間の間。押すと奥のほうに鈍い痛みがあります。
      鼻水の時に有効。

・迎香・・・小鼻の両横。頬骨に沿って揉んでみてください。
      鼻がとおってきます。

アロマセラピー

直接香りを嗅いでもいいですが、芳香浴や吸入法がおすすめ。精油を入れたトリートメントオイルを作って鼻の下や胸のあたりに塗ってもいいでしょう。肌につけるときは希釈濃度に気をつけてください。

・ユーカリ・ラディアタ・・・1.8シネオールという成分が鼻の粘膜の炎症を抑えます。すっきりやわらかい香りは気持ちもリラックスさせてくれます。
・ユーカリ・グロブルス・・・1.8シネオールが80~90%含まれています。鼻づまりが特にひどい時におすすめ。

☆おすすめブレンド☆

ホホバオイル・・・5ml  
ユーカリ・ラディアタ  2滴
ユーカリ・グロブルス  1滴
ティートリー        1滴

 

■ 今月のおすすめ 

たんぽぽコーヒー

たんぽぽコーヒーとは、たんぽぽの根から作られるもので香ばしい香りがコーヒーと似ているのでそう呼ばれます。母乳促進効果は有名ですが利尿や解毒などのデトックス効果もあります。コーヒーは体を冷やしますが、これは根からつくられる「陽」の飲み物で体を温めるので冷え性の方にも良いとされています。ノンカフェインなのでカフェインを控えたい方にもおすすめです。

dandecoffe.jpg

たんぽぽコーヒー(5個入り)
\730

11月17日(土) 診察 12時まで