河崎医院たより 「あけび」

ホーム > 河崎医院たより 「あけび」 > 河崎医院たより「あけび」2010年7月 16号 特集『真夏に多い皮膚炎』

河崎医院たより「あけび」2010年7月 16号 特集『真夏に多い皮膚炎』

真夏の太陽がまぶしい季節7月です。今回は『真夏に多い皮膚炎』をとり上げます。日光や汗、湿気などで悪化する皮膚炎はたくさんあるので、一緒に勉強しましょう。

■ 真夏に多い皮膚炎

(1)日焼け(日光皮膚炎)

四肢の伸側・項部・前胸部・顔などの衣服から露出した部位に日光に当たると、赤くなったり水ぶくれが出来たりする症状がいわゆる「日焼け」です。真夏に長時間アウトドアで直射日光に曝されると誰でもある程度は起こってきますが、病的レベルになる場合も多いので注意が必要です。紫外線の皮膚障害に対しては、治療よりも予防が第一です。最近は、効果が高い日焼け止め剤が多種類販売されいるで、効果や用途に応じて使い分けすることが大切です。漢方では病的な日焼けに越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)や黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)で回復しやすい場合があります。

(2)とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは主として黄色ブドウ球菌などの細菌が皮膚に感染して増殖することでおこる皮膚病で、体のあちこちに小さな水疱やびらんが、まるで火が飛ぶように多発することからこの名前がついています。原因となる黄色ブドウ球菌は元々皮膚に居るのですが、それが傷や虫刺されなどが誘因となって増殖し、皮膚を剥離させる毒素を産生するため、この毒素を含んだ液が付着した場所に次々と水疱やびらんが生じます。夏期に乳幼児を中心に多くみられますが、アトピー性皮膚炎があると成人でも起こるで要注意です。治療は抗生物質の入った軟膏や内服薬を用いますが、まず皮膚を清潔に保ち、爪は短く切り、誘因となる湿疹や虫刺されを掻かないようにすることが大切です。漢方では排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)が有効です。

(3)水虫(白癬症)

白癬菌という一種のカビによって生じる感染症です。生じる場所によりそれぞれ呼び名があり、足は水虫(足白癬)、爪は爪水虫(爪白癬)、体はタムシ(体部白癬)、頭はシラクモ(頭部白癬)と呼ばれています。白癬菌はカビですので高温多湿の夏に多発し、ケラチンという皮膚のタンパクを栄養源として、足の裏、足指の間などが好発部位となります。真菌と判明したら専用の外用剤を塗ることが基本で、一見落ちついて見えても、1カ月程度は毎日塗ることが大切です。難治性白癬や爪の水虫などには抗真菌薬の内服が必要となることがあります。白癬は簡単に考えられがちですが、診断や治療が案外困難な場合が多いので、自己判断せずに専門医の受診が大切です。漢方ではヨクイニンで効果があります。

■ 紫外線対策

5月~8月は紫外線のピークです。太陽の光を浴びるのは気持ちがいいのですが、紫外線はシミやそばかすの原因になるだけではなく、免疫力低下など様々な影響を与えます。紫外線のことを知って対策を考えましょう。

紫外線

紫外線にはA波とB波があります。
A波(UVA)・・・外線の中でも波長が長く、雲やガラスも通して皮膚の奥まで届きます。日焼けによるシミやしわの原因になります。
B波(UVB)・・・A波より波長は短いですが、皮膚に対する影響は強く日焼けの炎症の原因になります。

日焼け止め選び

日焼け止めに記載されているSPFとPAはこれらの紫外線をどれだけ防げるかを表したものです。日焼け止めには紫外線吸収剤(ケミカル)を用いているものと紫外線散乱剤(ノンケミカル)を用いているものがあります。

PA・・・A波をどの程度防止する効果があるかを表しています。
SPF・・・B波による日焼けをどれだけの時間防止できるか表しています。SPA1で25分間日焼けを防ぐことができます。

紫外線吸収剤・・・紫外線を肌の表面で吸収して熱エネルギーに変えて紫外線が肌に入るのを防ぎます。肌表面で化学反応を起こすので皮膚への刺激が大きく負担になることもあります。
紫外線散乱剤・・・皮膚の表面で紫外線を反射させ皮膚への侵入を防止します。比較的皮膚への刺激が少ないと言われています。

日焼け止めを選ぶときはこのような紫外線を防止するために使われている薬品やSPFやPAなどの値を考慮して購入しましょう。
外にでる時は日傘や帽子、長袖の服などを着用するようにしましょう。また、シミの対策にビタミンCをたっぷりとることも心がけましょう。

■ 今月のおすすめ

フィッツソレール

天然由来成分のみを使用。
肌への負担が少ない紫外線散乱剤(ノンケミカル)が、紫外線からやさしく肌を守ります。
SPF6 、SPF10は柔らかく肌馴染みのよい乳液タイプ、SPF15、SPF30はしっかり塗れるクリームタイプになります。毎日の化粧下地としても、一年中お使いいただけます。

sun-01.jpg

フィッツソレール
¥3,150~

7月は診察時間の変更はありません。