河崎医院たより 「あけび」

ホーム > 河崎医院たより 「あけび」 > 河崎医院たより 「あけび」2009年5月 2号 特集『光線(日光)過敏症』

河崎医院たより 「あけび」2009年5月 2号 特集『光線(日光)過敏症』

風薫る新緑の五月、ゴールデンウイークは郊外に出て楽しみたいものですね。しかし、5月の日光は相当に強くなっています。日差しの中で過ごした後、顔や腕が急に真っ赤になった、痒くなったという経験はないでしょうか。今から初秋の頃まで、『光線(日光)過敏症』が増えてきます。

■ 光線(日光)過敏症

光線過敏症は日光アレルギーとも呼ばれ、日光によって引き起こされる免疫システムの反応です。光線過敏症には日光じんま疹、多形日光疹、化学物質による光感作などがあり、太陽光にさらされた皮膚にかゆみを伴う皮疹ができるのが特徴です。

日光じんま疹

日光に当たってわずか数分で現れるじんま疹です。大きくて赤く、かゆみを伴う発疹が皮膚の露出部位である、顔や上肢などに現れ、日陰で涼しくしていると、1~2時間以内に自然消失します。一度起こると強い日光に当たる度に繰り返すため、すぐに異常を自覚できます。元来アレルギー素因のある人には起こりやすくなります。漢方では越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)が効果的で、戸外に出る前に服用すれば予防にもなります。

多形日光疹

直射日光にあたった場所に、かゆみを伴う複数の赤い隆起や不規則な形の赤い皮疹が生じるもので、日光にさらされてから30分から数時間以内に現れます。しかし時には数時間~数日もたってから新しい皮疹が現れることもあります。隆起と皮疹はだいたい1週間以内には消えます。原因は不明で、女性や、日にあたる機会があまりない人に多い傾向があります。よく見られる症状ですが、強い日光に慣れてくると、皮膚の過敏性は徐々に弱まっていく傾向があるので、5,6月頃に多くて、真夏には返って改善します。黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)や梔子柏皮湯(シシハクヒトウ)などの皮膚の熱感を取る漢方薬が効果的です。症状が続く間はしばらく続けましょう。

化学物質による光線過敏

ある種の抗生物質、向精神薬、心臓治療薬などを服用、または皮膚に何らかの薬剤を塗った後で日光にあたった場合に、短時間日差しにさらされただけで、皮膚に赤みや炎症、時には色素沈着が生じる状態です。服用したすべての人に出るというものではなく、ごく一部の人に反応します。この場合には服薬を中止する必要があるので、心当たりのある方は医師や薬剤師にご相談下さい。

光線(日光)過敏症の予防法

光線過敏症は日差しに当たった直後から数時間後に、皮膚が露出した部分だけに発赤を伴う湿疹が出れば、簡単に診断ができます。また同時に服用した薬、皮膚に塗った薬や化粧品などを詳しく調べて、光線過敏症を起こした原因を特定することも大切です。

原因が何であれ、日光に過敏な人は、ツバの広い帽子、紫外線を防止できる長袖の衣類を着用し、日光を極力避けましょう。そして外出時に日焼け止めクリームを使用すると相当防止できますので、これから初秋の頃まではベースクリームとして利用しましょう。

■ アロマセラピーと紫外線

  • レモン
  • グレープフルーツ
  • ベルガモット

アロマセラピーで使われる精油のなかでも、日光に反応するものがあります。レモン、スイートオレンジ、グレープフルーツ、ベルガモットなどの柑橘系含まれるフロクマリン類(ベルガプテン)という成分です。フロクマリン類は紫外線に反応して、皮膚炎を起こすことがあります。日光を浴びるとすぐに日焼けのような症状が現れます。ひどい時は小水疱や湿疹を生じ、のちに色素沈着をおこします。特にベルガモットに含まれるベルガプテンはこのような反応を起こしやすいので注意が必要です。市販の香水や化粧品にもベルガモットはよく使われているのでベルガプテンフリー(除去)のものを選びましょう。
マッサージなどで皮膚に塗布した時は、5~6時間日光を浴びないようにしてください。どうしても柑橘系の香りを使用したい時は、レモングラスやプチグレンなどを使うといいでしょう。

日焼けをしてしまった肌にはラベンダーウォーターやカモマイルウォーターがおすすめです。ラベンダーは火傷の治療に用いるほど、皮膚の炎症を抑える効果があります。カモマイルウォーターは日焼けの赤みを抑えてくれます。過敏症の方やアレルギー体質の肌の赤みやかゆみにも効果的です。これらハーブウォーターは精油を成分を含みながら濃度が薄いので直接肌につけることができでとても便利です。

■ 今月のおすすめ

FHY'S〈フィッツ〉化粧品から日焼け止めクリームが発売になりました。FHY'Sはフランスのオーガニック化粧品で防腐剤や着色料を一切使用していないナチュラルな化粧品です。
フィッツの日焼け止め『フィッツソレール』はSPF6.10.15.30の4種類です。よく使われている紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤を使用しています。散乱剤が皮膚を覆い、紫外線を反射して日焼けを防ぐので肌への負担も少なくなっています。肌の弱い方でもご使用いただけると思います。それぞれ触感も違うので用途によってお選びください。サンプルがありますので気軽にスタッフに声をかけてください。

img01.jpg
  • SPF6・・・¥3,150
  • SPF10・・・¥3,570
  • SPF15・・・¥3,990
  • SPF30・・・¥3,780